浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

地震に強い家とは<地震に強いのは何構造?>

  • by 城戸 健一朗
  • 2 Years ago

建築の仕事をしていると、お客様から「地震にはどんな構造が強いですか?」といったご質問を受けることがあります。住宅サイトのSUUMOでも「地震に強い免震・制震・耐震住宅に住みたい」という特集があり、大手・中小問わず様々なハウスメーカーが商品を掲載しています。

参考:【SUUMO】 [地震に強い免震・制震・耐震住宅に住みたい]から探す関東の注文住宅

また「マンションは地震に強い」や「木造は地震に弱い」といったお話を聞くこともあります。 東日本大震災や熊本地震があり、地震に強い建物について多くの方が関心を持っていると感じます。 しかし、上記のような質問をされると、私は答えに困ってしまいます。ですが、このように答えるようにしています。

「どの構造でも地震に対する強さは一緒です」

そんなはずはない。
あれだけ頑丈そうな鉄筋コンクリートと木が同じ強さのはずがないと思うかもしれませんが、これには理由があるのです。理由を聞いていただければ、地震に強い家を作るために気を付けることは、構造の種類ではないということが分かります。

  1. 建築基準法の耐震基準について
  2. きちんとした構造計算を行うこと
  3. 耐震等級3でないと倒壊は防げない
  4. きちんとした施工を行うこと
  5. 耐震性能がずっと保たれること

少し長くなりますが上記のような順番で説明をしていきます。

1.建築基準法の耐震基準について

建築基準法にある耐震基準はどう書いてあるかというと。

・数十年に一回起きる地震(おおむね震度5程度) に対して建物が損傷しない。
・数百年に一回起きる地震(震度6強・震度7程度)に対して倒壊・崩壊しない。

という風に解説されています。

どの構造の建物でも、特別地震に対する対策をしない建物はこの基準を守るように設計されます。木造の建物はこの基準を満たすように壁や柱を設置しますし、鉄筋コンクリートの建物はこの基準を満たすように、コンクリートの強度や鉄筋の量を決めます。そのため、どの構造が強いかという質問には、「どの建物も同じ強さです」と答えざるを得ないのです。

でも、上の基準、よく見てください。 震度5程度で損傷しない基準ということは、震度6では建物に損傷が出るかもしれないということです。震度7程度で倒壊・崩壊しない基準ということは、建物には大きな被害は出るかもしれないということです。

2016年4月に発生した熊本地震では震度7の地震が連続して発生しました。 一回目の震度7の地震では、建物に大きな被害は出たものの、倒壊せずに残った建物が多かったと聞きます。しかし、二回目の震度7の地震では多くの家が倒壊する結果になりました。一回目の地震で構造に損傷が発生し、二回目の地震では耐えられなかった事例が多かったのではと思われます。

2.きちんとした構造計算を行うこと

そもそも2階建て木造住宅や平屋建てRC住宅などは、構造計算が必要ないと建築基準法に明記されています。

建築士が壁のバランスなどを簡易的な方法でチェックして、OKと判断すれば家を建てることができてしまうのです。確認申請にも構造の書類は不要なのです。これではその建築士が間違っていたとしても、誰も確認することが出来ません。

全ての建物で構造計算を義務にしてしまうと手間が増えてしまうからと、このような制度になっていますが、実際に構造計算をしないで建てた家を構造計算してみると本来必要な強度が出ていないこともあるそうです。 自分の家がそんなだったら許せないですよね。平屋や二階建ての家でもきちんとした構造計算を行うこと。地震に強い家をつくるための最低条件です。

3.耐震等級3でないと倒壊は防げない

最初にご説明した震度7の地震が来ても、安心して住み続けられる家にするにはどうすればいいか。 その一つの答えが、耐震等級3で設計することです。

耐震等級というのは、国が定めた住宅性能表示制度で、建物がどの程度の地震に耐えられるかを示しています。建築基準法の最低基準を耐震等級1として、耐震等級3はその1.5倍の強度です。警察署や消防署など大地震の際に絶対に壊れていけない施設は、耐震等級3で設計されています。そのような施設と同じ耐震強度となれば、かなり心強いですね。

実際に熊本地震でも耐震等級3の家はほとんど被害がなく、震災後も住み続けることが出来ました。

ちなみにマンションでは窓が小さくなってしまうなどのハードルがあり、耐震等級3のマンションはほとんどありません。大体のマンションが耐震等級1で建っています。地震の時には建物の重さに比例して地震力がかかりますので、重い建物には大きな力がかかります。軽い木造住宅は比較的地震の力が小さく済むので耐震等級3の建物にしやすいという面もあります。設計さえきちんとできていれば、木造の方が地震に強いという場合もあるのです。

4.きちんとした施工を行うこと

どんなにしっかりとした耐震設計をしても、実際の施工がいい加減なら建物は強くなりません。耐震性能にこだわるのなら、現場のチェックもとても重要です。

木造ならば、金物が指定した場所に付いているか、ビスの種類は間違っていないか、ボルトの閉め忘れはないか。 RC造でしたら鉄筋の間隔や、鉄筋のつなぎ方、コンクリートと鉄筋の距離が適切か。 IMG_1186

例えば金物が集中する箇所は、写真のように複雑になります。固定する部材や固定の方法によって金物の種類が異なりますので、適切な金物が適切に取り付けられているかチェックします。

職人さんだって人間ですから、注意をしていても間違えたり、忘れたりすることはあります。そこを設計者や現場監督が見逃さないようにチェックして、さらに第三者機関の検査を受けて二重のチェックを行います。

耐震にこだわるならばお施主様の検査などをしてもいいでしょう。迷惑じゃないかと思うかもしれませんが、職人さんもお施主様が自分が作っているものに興味を持ってくれるとうれしいものですよ。

最近ではお施主様が依頼した第三者が追加で現場を検査するサービスもあります。第三者がチェックするとなれば、現場にもいつもと違う緊張が走ります。高い現場品質になるのは間違いありません。

5.耐震性能がずっと保たれること

kumamoto02

新築の時の耐震性能がずっと続くかどうかも問題です。柱がシロアリに食べられていたり、腐ってしまった家には耐震性能なんて望むことは出来ません。RC造であれば、小さなヒビ割れを放置していたらそこから水が入り、内部の鉄筋が錆びてしまい劣化が大きく進むこともあります。

実際に震災で倒壊した木造住宅の多くはシロアリや腐れの被害があった と言われています。ということは、シロアリや腐れの被害がなければ地震で倒壊しないとも言えるのです。

低燃費住宅では、シロアリや腐れから半永久的に守られる「緑の柱」を使用しています。木造住宅の劣化原因はシロアリと腐れに尽きるとも言うくらいですから そこにキチンと対応出来ているのは、安心ですね。

 

どうでしょうか? 上記のような要素を総合的に考慮することで、本当に地震に強い家かどうか判断することが出来るのです。木構造だからRC造だから地震に弱いとか強いとか、安易に判断出来ないということ分かっていただけましたでしょうか?

耐震については「耐震等級3」が必須な理由とは?【木造住宅の耐震に関する勘違い】にも詳しい記事がございます。合わせてお読みください。

Previous «
Next »