丘の上の低燃費住宅

  • by 城戸健一朗
  • 7 Months ago

見晴らしのよい丘の上に低燃費住宅が出来ました。
森だった場所を切り開いた分譲地の区画の中でも、一番に眺めの良い場所を購入されたお客様。
その眺めの良さと南側の日射を活かしながら、ちょっと変形した敷地に真南に向くように建物が配置されています。
隣の家との角度の違いにご注目ください。

DSC_7671のコピー

ダイニングの上には吹き抜けがあり、木製のキャットウォークを配置しました。
吹き抜け窓のお掃除などで使うほか、雨の日の洗濯スペースにも使用できます。
家じゅうが温度一定の低燃費住宅には吹き抜けは大きなポイント。
上下の温度差を無くし、家の中を空気が通り抜ける役割を果たします。7.

 

キッチンはフラット対面キッチンで、すっきりとした空間になりました。
奥には収納力抜群のパントリーコーナーも用意しています。
パントリーの一角はカウンターになっているので、ちょっとした作業なども出来るのがうれしいですね。

6.

リビングの一角は和室コーナーになっています。
2畳のスペースですが、ちょっと横になったり、子供の遊び場としては十分な広さ。
和室に設けた地窓からは坪庭が覗けます。

こちらの建物では床材にスカンジナビアンのオーク材を使用しています。
幅広で、質感のあるオークは本来はデンマーク海軍の造船のために植えていた木を床材にしたもの。
今は船を木で作らなくなってしまったので、フローリングに生まれ変わりました。
オリジナルのオイルを塗り、さらっとした肌触りと濡れ色にならない色合いがポイントです。

5.

 

2Fの子供部屋は将来区切れる工夫をしています。
ロフトは収納にも子供の遊び場にもなりますね。
北側のお部屋ですが、眺めのよさからか暗さを感じさせない広がりがあります。

14.

洗面台は木製の造作洗面にしています。
大きな洗面ボウルは泥んこになったお子様の服を洗ったりも出来るサイズ。
鏡やタオル掛けはイケアの商品を上手に利用して予算カットも成し遂げています。
奥のトイレに見えるお洒落な電球照明もアクセントになっていますね。

9.

変形した敷地は外構計画もまだ余白がたくさんあり、これからお子様の成長と共に、住まいも成長していくような低燃費住宅になりました。

これからお施主様がどんなふうに住みこなしていくのか楽しみなお家です。

Previous «
Next »