本物の100年住宅を目指して

  • by 今泉 太爾
  • 3 Years ago

日本の住宅の短命さは世界トップクラス!

日本では住宅は平均築30年で建替えられており、住宅の寿命は20年~30年と思っている人が大半です。

04国別耐久性

これは海外と比べると異常なまでの短命です。残念ながら私達日本人は「住宅を長持ちさせるもの」という意識が無かったといえます。ところが、実は日本の家もつい最近までは築100年以上が当たり前だったのです。
その地域で自然に育った、地域で産出される自然素材で家を建てると親子三代以上住み続けられる。 これが当たり前の家づくりだったのです。

ところが、戦後の高度成長社会では早く簡単に家を建てるため、ビニール・プラスチック・金属製の新建材が誕生しました。さらに工場で作って現場で組み立てる「プレハブ住宅」まで誕生し、大工や職人の技術を必要とせずに、早く簡単に家が作れるようになりました。
それに伴い、良質な木材、腕利きの棟梁、こだわりと技術を持った職人達による魂のこもった家づくりは失われてしまいました。

昔ながらの棟梁の魂がこもった家は、大切に受け継がれ100年持つのが常識。 反対に早くて簡単に建てられるプレハブ住宅は、価値が高いのは新築時のみ、30年で寿命がくるのが常識。
世界的に見ても、こんなに貧弱な家に住んでいるのは、先進国では私たち日本人だけです。

同じぐらいの収入にもかかわらず欧米の人々が、私達と比べてがなんとなく優雅で幸せそうなのは寿命が短い住宅に稼ぎの大半をつぎ込んでしまっているからだともいえますね。

 


 

P2236265 (1)「長持ちする住宅」への変革が始まる。

日本が迎える今後の成熟社会においては、人口や世帯数が次第に減少していきます。

これまでの右肩上がりの成長がなせる「つくっては壊す」消費型住宅をいつまでも続けていてはいけません。
欧米の先進諸国がそうであるように、長持ちする住宅をつくり、きちんと手入れし、それを社会全体の資産として形成していく社会に変化していきます。また、せっかくつくった住宅がこれまでのように30年足らずでゴミになってしまうのは、経済的にも・環境的にも負荷が高すぎます。

一方ヨーロッパでは、築年数が高いほど「人々から長く愛されている証」として価値が高くなるのが常識。
まさに、「日本の常識は世界の非常識」。 どうせ建てるのであれば、日本の常識にとらわれず、50年後、100年後も家族が健やかに過ごせる「世界基準の家づくり」をしませんか。

私たち低燃費住宅普及の会は、アンティークとなるヨーロッパの住宅のように、時を経るごとに趣を増し、お子様はもちろん孫の代まで住み続けられるそんな本物の家づくりを追求しております。
ドイツの住宅/世界の一般的な住宅の寿命は、ドイツで79年、アメリカで103年、イギリスでは141年とされています。

 

 

 


ライフサイクルコストで比較する「本当にお買い得な家」とは?

※低燃費住宅:外壁洗浄+内装リフォーム10年毎70万、外壁塗装30年毎100万、住設リフォーム20年毎300万、光熱費年10万
※大手HM:外壁塗装+内装リフォーム10年毎300万、住設リフォーム20年毎400万、建替40年(解体+付帯工事)3000万、光熱費年25万
※ローコスト住宅:外壁塗装+内装リフォーム10年毎200万、住設リフォーム20年毎300万、建替30年(解体+付帯工事)1700万、光熱費年30万

住まいは長く住み続ける為に購入します。ですので、いくらで買ったかではなく、生活するうえでいくら掛かるかを考えて選ぶ必要があります。この本当の住まいのコストを「ライフサイクルコスト」と呼びます。

ライフサイクルコストを調べる上で重要なのが、1.建物の耐久年数 2.家の燃費(光熱費) 3.メンテナンス費 4.住宅ローン金利 5.固定資産税 以上の5点です。

さて、光熱費のかからない100年持つ2000万円の家と、光熱費がかかり30年でゴミになる1200万円の家、光熱費がちょっとだけ削減できる大手ハウスメーカーの2400万円の家、はたして本当の購入費用はどれがお得でしょうか?

同じぐらいの収入にもかかわらず欧米の人々が、私達と比べてがなんとなく優雅で幸せそうなのは寿命が短い住宅に稼ぎの大半をつぎ込んでしまっているからだともいえますね。

lifesaikuru


日本初!エネルギーパスの発行

05私どものつくる「低燃費住宅」は、日本の戸建住宅では初めて、EU公認エネルギーパスを取得いたしました。その結果、床面積当たりに必要な冷暖房エネルギーは43.7kWh/ ㎡。日本における一般的な建築物で150kWh/ ㎡、国内最高4 等級で120kWh/ ㎡とされておりますので、国内最高等級と比較して約3 倍、一般的な戸建と比較すると、暖房エネルギーを85%、冷房エネルギーを44%も削減することができます。

低燃費住宅の建物の省エネ技術は日本では最高レベル。環境先進国のEU諸国でも、高性能とされるレベルの住宅であることが証明されました。

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。