地球にも家計にも優しい家

  • by 今泉 太爾
  • 2 Years ago

 

denryoku東日本大震災で変わった家づくり

2011 年3 月11 日、三陸沖を震源とする大地震が発生。多くの建物が損傷し、福島ではレベル7の原子力事故が発生。私たちは人類史上最大ともいえる大災害を受けました。

東日本大震災は私たちの人生観をガラリと変えてしまいました。そして今、日本中の原子力発電所が全て停止し続けています。

関東から始まった電力不足が全国に波及、日本中で節電を進めなければなりません。
エネルギーを浪費していく社会から、エネルギーを節約していく省エネルギー社会への転換が始まりました。

 


 

我慢しなくても、意識しなくても「自然と省エネな家」

059j_72スイッチをつければ必ず電気はつき、蛇口をひねれば必ず水が出る。私たちは、エネルギーには限りがあることを意識することなく、右肩上がりに電力を浪費し続けてきました。そんな無責任な意識を、東日本大震災は大きく変えてしまいました。

東京電力管内で2011 年3 月に実施された「計画停電」を振り返ると、寒さの厳しい日に実施されました。原子力発電という超高効率創エネ装置への過剰な信頼と依存により、建物の省エネ性能を高めてこなかったことを、私たちは大いに反省する必要があるのではないでしょうか。

最もエコなのはエネルギーを使わないことであり、従来のように高効率機械で自然を抑え込むのではなく、できる限り自然に逆らわず、自然の力を活かし、消費するエネルギーを節約すること。これがこれからの家づくりのスタンダードとなります。

低燃費住宅は電力にできるだけ依存せずに、自然のエネルギーを最大限活用することで「夏は木陰で涼み、冬は陽だまりで暖まる」エコな暮らしを実現します。


詳しくは

ウェルネストホームが考える良い家

 

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。