浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

家の寿命を短くしている真犯人「壁体内結露」を生む室内の温度差

  • by 今泉 太爾
  • 4 Years ago

加工しやすいが、劣化しやすい材料ばかりが使われてきたという事が住宅の寿命を短くした一つ目の理由ですが、もう一つが、日本の高温多湿の日本において、湿度対策を施さなかった住宅をつくってきたという事です。高気密・高断熱ではなく低気密・低断熱の家ばかりをつくってきた結果、壁の中が結露して住宅の劣化を早めてしまったのです。

冬場、アルミサッシとガラスがびっしり結露している場面に遭遇したことがあるでしょう。結露が発生するメカニズムは湿気を多く含む事ができる暖かい空気が、湿気を多く含む事の出来ない冷たい空気に変わること、つまり温度差があるせいで、湿気を抱えきれず吐き出してしまう現象が結露なのです。

10929180_933596156696461_8863210061012336079_o

サッシやガラス部分に結露が発生するのはこの目で確認できるから、まだマシなのですが、恐ろしいのが「壁体内結露」と呼ばれる現象です。これはサッシやガラス面で生じる結露が、外から見えない壁の中で起きているのです。知らない間に壁の中がびしょ濡れになって、カビやサビ、剥離、凍害、断熱性能の低下など建物の寿命を短くする大きな原因となっているのです。

kabenaiketuro

ではどうすれば、壁体内結露を防ぎ、家を長持ちさせることができるのでしょうか。

答えは高気密・高断熱の「低燃費住宅仕様」にし、室内の温度差を無くせば良いのです。リビングだけ暖かく、その他の部屋は寒いような家であれば、湿気をたくさん含んだ暖かい空気が、2階の北側の居室の方へ、寒い方へと引き寄せられ、結露してしまうのです。しかし家全体が高気密・高断熱仕様であれば壁体内結露を起こすリスクは大幅に減少するのです。家を長持ちさせるためにも、家全体の温度差を無くす事は重要になってくるのです。

 

参考文献

【窓で欠陥住宅をチェック】知らないと怖い家を腐らせる結露

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。