あこがれの対面キッチン!フラット対面キッチンと造作対面キッチンの違いは?


「アイランドキッチンにしたい!」
そんな声をよく耳にします。
アイランドキッチンとは文字通り、アイランド(島)のようなキッチンを意味しているので、壁に接していないことが条件になります。
マンションのリフォームの場合、排水や換気扇のダクトの位置、壁の構造、梁等の規制があり、アイランドキッチンは難しいことが多いのです。
それでも、よくよくお客様のお話しを聴いてみると、皆さんがアイランドキッチンだと思っているのが、実はフラット対面キッチンだったということが多々あります。
では、フラット対面キッチンとはどんなキッチンのことでしょう?
下の写真を見て下さい。

 

DSC_8923-1

サンコーポ浦安(弊社施工事例)

 

P4138942

パークシティ東京ベイ新浦安SOL街区(弊社施工事例)

IMG_4533

夢海の街(弊社施工事例)

043

入船東エステート(弊社施工事例)

021

入船東エステート(弊社施工事例)

 

フラット対面キッチンは、どちらか一方が壁に接していてカウンターの奥行きが比較的広めに造られています。
奥行きが80~98cmというのが一般的なフラット対面キッチンです。
メリットとしては、開放感がありホームパーティーに最適です。
見せるお洒落なキッチンというイメージですね。

では、造作対面キッチンとはどんなキッチンなのでしょうか?
下の写真をごらん下さい。

068

入船東エステート(弊社施工事例)

画像 3861

サンコーポ浦安(弊社施工事例)

R0027286

ベイシティ浦安(弊社施工事例)

011 (2)

入船中央エステート(弊社施工事例)

造作対面キッチンとは、壁を造作するので、カウンターの高さや幅をお好みに設定できます。
メリットとしては、リビング側から手元が見えない点です。
フラット対面キッチンよりは、実用性がある感じですね。

最近の傾向としては、吊り戸を付けずにスッキリとさせてデザイン性の良い照明器具を付けることが多いです。
いずれにしても対面キッチンは、孤立感がなく家事ができるので、家族とコミュニケーションがとれる快適なキッチンです。
あなただけの本当に使いやすいキッチンにリフォームしてみませんか?
どうぞお気軽にご相談下さいね。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!をお願いします

最新情報をお届けします

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

お問い合せ内容