浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

未来の子供たちのための100年住宅 アールデザインが創る低燃費住宅

  • by 株式会社アールデザイン
  • 2 Years ago

約2年前に低燃費住宅を建てられたA様。
低燃費住宅を知るきっかけはホームページだったそうです。
インターネットでいろいろ検索しているうちに低燃費住宅のオープンハウスを知り、実際に見に行ってみたことが、低燃費住宅との出逢いでした。

001.

そのオープンハウスの第一印象は、玄関を入ってまず新築独特のホルムアルデヒト臭がしなくて、木の良い香りがするという事。
杉の無垢材の良い香りがとても印象的で、明るい杉のフローリング、漆喰の白い壁、なんか安らぐな~と思ったそうです。

004.

そして、低燃費住宅を建てようと思ったのは、「無駄なエネルギーは使わない」というコンセプトが気に入ったからだそうです。
低燃費住宅は光熱費を抑えて1年中心地良い温度、空間を保ってくれる家です。
光熱費を減らしてエネルギーロスの少ない家、節約家にもこのコンセプトは響くはず・・・・。

005.

でも、それ以外にも自然素材をふんだんに使った家の雰囲気をとても気に入っていただいた様です。
奥様の1番の決め手は、木の良い香りのする「自然素材の家」。
そして、ご主人もこんなに安らぐ家なら「早く帰りたい!」って思ったそうです。

007.

住み心地は快適!
夏もエアコン1台で家中涼しいとの事。
特にサッシは直射日光があたっても全然暑くならない。
冬も冷たくならなくて結露もなく、マンションに住んでいた時の「窓際は寒い」という常識が覆されたそうです。
光熱費もマンションに住んでいた時よりも安くなったというから驚きですね。

006.

低燃費住宅の住み心地に大満足のA様ファミリー。
家を建てる上で1番大切にしなくちゃいけないのは、「住み心地」だとおっしゃいます。
今後、何十年も住み続ける家だからこそ、未来のことも考えて長く住み続けられる家を選ぶ事が大切だという事を逆に私達が教えて頂きました。

杉の無垢材は香りが良いだけじゃなく、柔らかいので素足にも優しいんです。
きっとお子さんと一緒に呼吸して、成長して、もっともっと良い色になっていきますよ。
今度お伺いした時にどんな色になっているか楽しみです。
また感想を聴かせて下さいね。

009.

008.

 

Previous «
Next »