浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

これから家づくりを考えている方へ ー住まいの原風景を考えるー

  • by 城戸 健一朗
  • 5 Years ago

これから家づくりを考えている方へ。
まずはともあれ、おめでとうございます。
楽しい家づくりへの第一歩を踏み出されていることかと思います。

家づくりを思い立った方は、まず最初に何を考えましたでしょうか。
間取り、ハウスメーカー選び、そして資金計画。

家づくりには沢山の考える要素がありますので
何から考えていいか、分からなくなってしまいますね。
 
特に注文住宅は自由度が高く、やろうと思えば何でもできてしまいます。
雑誌やインターネットで素敵な写真を見ながら、まだ見ぬ自宅を思い描いているところかもしれませんが、
素敵な写真ばかりでご自宅を決めてしまうと、
後から「こんなはずじゃなかった」と思うことも、たくさん出てきてしまいます。
 
住まい方に対する考えは、本当に人それぞれ。
あなたが普通だと思って生活していたことが、
実はとっても独特な生活スタイルだったりします。
 
私が設計に携わってきたお客様の中でも、話を進めていくにつれて
ダイニングがなくなったお宅があります。
一般的には食事はダイニングで、くつろぐのはリビングでという形ですが
そのご家庭は、食事もくつろぐのも、家族で集る時はいつもリビングにいるということで
思い切ってダイニングスペースはなくしました。
 
ご家族の生活をよく考えてみると、本当に必要な家の間取りが見えてくることがあります。
 
そして、これまで一緒に暮らしてきた家族でも、生活スタイルを突き詰めていくと
意見がなかなか合わないことも珍しくありません。
お客様の中には、打ち合わせが進む中で、意見の食い違いが深まり
あわや離婚の危機!?となったこともあります。
 
 
家づくりは、たくさんの決定の連続です。
床の種類や壁の色、設備の仕様に、コストも考えて・・・
とにかく決めなくてはいけないことが次から次へと出てきます。
 
そうした時に、迷ってしまわないように、ご家族で意見の食い違いが起きないように
家づくりの芯となるものを、先に見つけておいていただけるといいと思います。

芯となるのは、特別なことではなく
「今までの暮らしの中で、あなたが大事にしてきたものは何か」ということです。

ハウスメーカーのカタログや、雑誌で素敵な家の写真を見る前に、
少し考えてみてください。

あなたがこれまでどんな家で暮らしてきたか。
あなたが気持ちいいと感じる場所はどこだったか。
それはどんな時か。誰といる時か。

誰もがこれまでの暮らしの中で、「住まいの原風景」というものを持っています。
あなたの住まいの「原風景」を知ること。
家づくりで迷った時に、あなたを助ける道しるべになると思います。

せっかくの機会なので、ご家族でそれぞれの「原風景」を話してみてください。
意外と知らなかった一面が見えてくるかもしれませんよ。

そしてお互いの原風景が共有出来れば、家づくりで迷った時も

一番大事にしているものは何か迷わずにすむと思います。
 
今回は、家づくりには「住まいの原風景」を考えることが大事ですよ。
というお話でした。
 
次回は原風景ってどんなことなのか、私の経験を基にお伝えしたいと思いますので
お楽しみに。
 
 
 
Previous «
Next »