夏は日射遮蔽、冬は日射取得できる設計にしましょう。

  • by 今泉 太爾
  • 2 Years ago

日射遮蔽は「サンバイザー」

summer

冬暖かく、夏涼しい家を作る為には、設計時に軒や庇、方位や窓の位置などをしっかり考慮する事がとても大切です。ところがこの太陽のエネルギーを設計時に活かす、パッシブデザインの出来る工務店やハウスメーカーは驚くほど少ない。どんなに高気密高断熱な住宅に仕立て上げても、夏場の日射遮蔽と冬場の日射取得をしっかり対策をしておかないと低燃費住宅とは言えません。

sun夏に日射遮蔽が出来ていない高断熱住宅は、夏に太陽で暖房を掛けているようなもの

例えば、夏場の西日、太陽熱の40%が午後のわずか3時間で降り注いでいます。従って、建物の西側には何らかの日射遮蔽対策を施す必要が有ります。この夏の強い日差しを部屋の中に取り込んでしまうと、当然に冷房コストが上がります。断熱材を厚くするだけ厚くして、日差しを遮る工夫をしなければ、夏に太陽で暖房を掛けているようなものです。高断熱で保温性が良いのですから、当然に夏場の室内は蒸し風呂状態になってしまいます。逆に冬場は強力な太陽暖房の熱を室内に取り込めば取り込むほど暖房コストは押さえられます。

日射コントロールの基本は庇(ひさし)と窓の位置

では夏には日差しを遮って、冬には日差しを取り込むにはどうすれば良いか。方法は至ってシンプル。太陽のエネルギーを活かすのには、特別な機械なんて全く必要ありません。例えば建物を敷地内でどのような向きにレイアウトするか?(冬の太陽の熱を取り込むため) 窓の上にある庇をどれくらいの長さにするか?(夏の太陽暖房を取り込まないため)屋根をどのように掛けるか?設計時にちょっと気を使うだけで冷暖房エネルギーは随分と減らすことが出来ます。

デザイン重視の軒庇ゼロハウスは・・・

zero

ところで、最近ではデザイン性を追求した結果、軒や庇のない家が非常に増えています。あれだけは絶対にやめた方がいい。確かに軒や庇がないので冬は軽く、夏はがっつりと日当りが良くなります。
地球が斜めに自転している影響で、夏の太陽の高度は高く、反対に冬のは低くなっています。その為に、庇をつけておくと、冬と夏の太陽の高さの違いから、冬は太陽熱を室内に取り込み、夏の太陽熱を取り込まないという事が出来ます。軒や庇は私たちのニーズと合致して大変素晴らしい自然の冷暖房ですね。

この自然の冷暖房である軒や庇をデザインしにくいからといって外してしまう事は、絶対にお勧め出来ません。夏場に日差しを取り込んでしますと、室内がとても暑くなるのが想像できると思います。私たちは、この現象をオーバーヒートと呼んでいます。断熱と同時に日射取得も考えておかないと、冬は暖かいけど、夏メチャクチャ暑い家になってしまいます。

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。