海風の街スケルトンリフォーム【第2回】間柱が立ち始めました。

先週、スケルトン見学会を開催しました海風の街12号棟ですが、今週から間仕切り壁が立ち始めました。

032

通常、垂木と呼ばれている角材(30mm☓40mmの赤松材)を立てていくのですが、このお部屋は100㎡を超えるので、防火壁と防火扉が必要になります。

024

北側のお部屋と洗面室の間の壁は防火壁にしなければならないので、通常ケイテンと呼ばれている亜鉛メッキ合板の軽量鉄骨(0.5mm厚)を立てた上に厚さ12.5cmの耐火ボードを2枚重ねて貼っていきます。

006

ちなみに耐火ボードとは、石膏の芯にガラス繊維などを加えて、耐火性能を強化したボードです。

008

100㎡を超えるマンションのスケルトンリフォームは今回初めてなので、とても勉強になります。

029

まるで迷路のように間柱がどんどん立っていきます。
間仕切り壁が出来てくると、間取りがイメージできるのでワクワクしてきます。

022

また報告させて頂きますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 結露と寒さにさようなら!インナーサッシとエコカラットで快適生活リフォーム

  2. 京成サンコーポ浦安のスケルトンリフォーム【第4回】フローリング貼り

  3. 第1回ドイツを遊ぼう!in富岡モデル

  4. 【施工事例】趣のある一戸建てのリフォーム

  5. 外壁塗装(サイディング)のコツ

  6. 【施工事例】モルタル色と木のハーモニー。スケルトンリフォームで生まれ変わりました!

Instagram