蓄熱材は「熱を貯められる貯金箱」

現在アールデザインでは注文住宅の受注・建築・設計や耐震工事等は行っておりません。
注文住宅については、ウェルネストホーム公式サイト までお問い合わせください。

家の中に熱を貯める? 皆さん、ちょっとイメージしにくいかもしれませんが、蔵を思い出してみてください。白壁の蔵に入った事のある方は経験があると思いますが、外気温が35℃もある真夏日でも蔵の中は「ひんやり」しています。原理はあれと一緒です。

 

hs夏場は夜間に冷えた冷たい熱を家の中に蓄えておけば、日中に外から入ってくる熱(※換気や通風でたとえ高気密・高断熱でもある程度の熱は入ってきます)を吸収してくれるのです。

冬場はその逆、日中に太陽から得た熱を家の中に蓄ええておけば、夜の室温低下を押さえてくれます。

家の中に熱を貯蓄できる貯金箱は、室内の表面に出ている壁・床・天井などの建材達です。熱をより多く貯蓄出来る素材を使用する事で、エアコンをつけなくても蔵のように一年中快適な空間を作る事が出来ます。

ただし、断熱性が低く、熱が漏れまくる家では熱をほとんど蓄える事が出来ません。浪費癖のある人の貯金が溜まらないのと同じです。まずは浪費癖、つまり断熱で熱損失を押さえる事が先ですね。

関連記事

  1. 大事なことは目に見えない。家づくりは「見えないこと」が大事です。「あたらしい家づくりの教科書」

  2. 弁天の家 完成!

  3. 低燃費住宅が1位を獲得!

  4. 低燃費住宅「リビングの真ん中にピアノがある家」

  5. 「餅まき大会」大盛況でした。ご来場ありがとうございました。

  6. そうだ、リフォームしよう!

Instagram