耐震改修工事

アールデザインの田中です。

浦安市入船で、浦安市の助成金を

頂ける耐震改修工事を施工して

います。

写真のお宅は築30年以上のお宅です。

 

新耐震基準(昭和56年)以前の建物は、現行の耐震基準を満たしていない為に

住宅における地震の際の倒壊のリスクが高いと言われております。

そこで、構造設計の専門家による耐震補強設計を行い、耐震補強工事を行います。

今回のお宅は、本来耐震診断評点が1以上ないといけない数値が、計算してみたら

0.18しか無かった為に、それを1.2まで引き上げる工事を行なっております。

阪神大震災の際に、地震後倒壊した建物は地震発生時より平均4秒で倒壊したと

言われており、その殆どが1未満だったと言われております。

 

 

 

 

 

 

 

写真のように?筋交いを入れたり、構造用合板を入れたり、補強金物を入れたりと

補強方法は様々ですが、4秒で圧死しない為に、安心して自宅に住めるように

工事を検討されては如何でしょうか?

工事金額によっては、市の助成金を受けられる場合もございます。

まずはご相談を頂ければ様々なアドバイスをさせて頂きます。

 

「耐震等級3」が必須な理由とは?

 

 

 

関連記事

  1. みんな大好き!北欧スタイルの北欧ってどこの国?

  2. スポーツクラブに近いマンションの正体とリフォーム完成!

  3. 無垢フローリングのお手入れ方法

  4. マンションのキッチンリフォームVol.2ママの家事もひとやすみ

  5. エコキュート(空気の熱を集めてお湯を沸かす)

  6. サンコーポ浦安 室内解体中

    サンコーポ浦安B棟 リノベーション現場見学 その1 【解体】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Instagram