アクセントクロスいろいろ・・・空間を美しく彩る輸入壁紙 【インポートクロス編】

前回は、無地のアクセントクロスをご紹介させて頂きましたが、今回はインポートクロスをご紹介させて頂きます。

インポートクロスの特徴としては、国産クロスと比べると幅が約50cmと狭いものが多いです。
これは、欧米ではお部屋の修理はお父さんの仕事となっている家庭が多く、一人でも貼りやすい肩幅程度の幅にしてあるそうです。
素材は紙で出来ている事が多いのですが、柄の大胆さや発色の美しさは、インポートならでは素晴らしさです。

上の写真はイギリスの思想家、詩人であり、近代デザイン史上に大きな影響を与えたウィリアム・モリスの輸入壁紙のカットサンプルです。
モリスは、幼い頃から豊かな自然に触れ、独自の感性を育み、樹木や草花、果実などにインスピレーションを得て、多彩な作品を残しています。
この発色の素晴らしさは、輸入壁紙にしか出せない美しさだと思います。

上の写真は、MANOR HOUSEの木蓮の柄です。
オリエンタルな雰囲気もありますね。

こちらもMANOR HOUSEの商品です。
帝国ホテルのスイートルームにも使われた壁紙だそうです。

こちらは、子供部屋のアクセントクロスです。
将来、グローバルに活躍しそうですね。

ダイニングの壁に貼ったカップボードのクロスも遊び心があって良いですね。

写真ではわかりにくいですが、カウンターの奥の壁は、ローラアシュレイの鳥とお花の上品な柄です。

トイレには、本棚の柄のクロス。

こちらは、スウェーデンのデコールメゾンの花柄のクロス。

こちらもスウェーデンの輸入壁紙で、1cm単位でサイズオーダーできるものです。
 ダヴィンチの他にもゴッホやモネ等いろいろな名画がありますよ。

いかがでしたでしょうか?

個性的なインポートクロスであなただけのオンリーワンリフォームをしてみませんか?

 

関連記事

  1. 入船西エステートの収納たっぷりリフォーム 【第1回】 工事が始まりました。

  2. TOTOの研修に行って来ました!

  3. お待たせしました!入船東エステートでオープンルームを開催します!

  4. 海風の街スケルトンリフォーム【第6回】建具取付完了しました。

  5. 今週のオープンルームは美浜東エステート【北欧ナチュラルスタイル】

  6. キッチンの使い勝手は十人十色、理想のキッチンを実現しましょう。

Instagram