浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

建具リフォームでイメチェン!

  • by アールデザイン
  • 7 Years ago

長い時間一緒に過ごし、目にも映りやすいもの。 飽きの来ないデザインにするのがコツ。

室内ドアは、お部屋のインテリアコーディネートにも関わってきます。 デザイン選びは慎重に。 床の色と合わせると、上手にコーディネートできます。

01-05


[su_dropcap size=”2″]1[/su_dropcap]室内ドア交換

室内ドアを交換してみませんか? 室内ドアは、部屋のイメージを左右する大切なインテリアのひとつで、交換するとお部屋の雰囲気がガラッと変わります。 上手にコーディネートして、部屋を美しく仕上げたいものです。 例えば、床・巾木・ドアを同系色でコーディネートすると、すっきりして落ち着いた空間になりますし、床・巾木は落ち着いた色調でドアにアクセントカラーを入れると、インパクトのある新鮮な空間になります。 ドアの色は周辺のインテリアとの調和にも大きく影響するので、慎重に選ぶ必要があります。 また、室内ドアは室内の換気や通気といった役割も持っています。 設置場所に応じて開閉のしやすいものを選びましょう。


[su_dropcap size=”2″]2[/su_dropcap]障子・ふすまの取り付け・張替え

襖は、単なる 「間仕切り」 としての機能だけでなく、他にも空中の塵やホコリを吸着したり、湿度の調整もしてくれます。 そのため、年を経ると自然と汚れてきます。 襖をきれいに張り替えると、きっとお部屋の空気もきれいになりますよ。 また最近では、障子の機能美と美しさが見直され、洋室やホテル、マンションの内装にも障子が広く使われるようになってきています。 障子は光を柔らかく拡散するため、住まいの中にやわらかな光と影を演出してくれ、また逆に、夜には照明器具の明りを反射して部屋全体の照明効果を上げてくれます。 しかも吸湿性・断熱性・通気性が高く、日本の気候にピッタリのインテリアなのです。 年々減りつつある和室ですが、和室の最も大きな魅力は、その落ち着いた空気が醸し出すゆったりとした空間です。 和室の美しい襖や障子は、日本人の心を癒してくれる大切な部材です。 また、フローリングに襖や障子などを取り入れながらお部屋をコーディネートをすれば、和と洋がミックスされたモダンな空間にもなります。 皆様もぜひこの機会に、くつろぎの場をもっと安らげる場所にするため、襖・障子・畳の新調・張替え、新規の取付けをしてみてはいかがでしょうか。

image_0067_9  image_0067_12


 

弊社は浦安エリアを中心に長年にわたってリフォーム、自然素材の家・注文住宅事業を行っております。

地域のお客様からの信頼を第一とし、また関連会社であり浦安に5店舗を持つ明和地所とも連携しながら、より高いレベルでのお客様のご満足を追求しています。

店舗は新浦安駅から徒歩5分ほどですが、駐車場もございますので、お車でもお気軽にご来店ください。

Previous «
Next »