浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

自然と家族が集まる快適なリビング

  • by 今泉 太爾
  • 6 Years ago

“集める” のではなく自然に家族が “集まる”、家族が快適な LDK のカタチ

■ キッチン移設大作戦! 家族が集えるリビングを!

image_0004_2

2 階の玄関を入ってすぐ左にあったダイニングキッチン。 家族でみんなで使うには狭く、北側ということもあって薄暗い印象でした。 そこで、思い切って 3 階南側の和室 2 室を撤去。 新しく生まれた開放的なスペースにキッチンを移動することで、家族が自然に集う、広くて日当たりも良い LDK が実現しました。

image_0004_3

3 階に 2 部屋あった 6 帖の和室の壁を抜いてみると、圧迫感が消え、想像していた以上に明るく開放的なスペースが誕生しました。 ここにキッチンを移設、快適な LDK が完成しました。

image_0004_4

薄暗かったダイニングキッチンは、個室として再生。 明るめの素材に張り替え、雰囲気もガラリと変わっています。

image_0004_5

新しいキッチンは鏡面仕上げでお掃除もラクラク。 収納もフロアコンテナタイプで、以前よりも収納力が増しています。

image_0004_6

リフォーム前は、DK と離れていて使いづらかったリビング。 こちらもキッチンの移設に伴って、個室用に壁と床を張り替えました。

■ ちょっとしたアイデアが、その後の生活を大きく変えてくれます!

image_0004_7

ちょっと狭い廊下だったスペースには、洋室用のクローゼットと、LDK 用のパントリー (食品庫) を造作しました。

image_0004_8

殺風景なバルコニーも、ちょっとした工夫をするだけで見違えるようになります。 もう洗濯物を干すだけではもったいない!?

image_0004_9

トイレは毎日必ず何度かは入る空間ですから、飽きのこないようなデザインのクロスを選びました。

今回は、清潔感のある白を基調に、内装材を選びました。 トイレや洗面室には、アクセントとして小花柄やアイビーのトリムを設置。 また、主婦としての私自身の立場と経験から、パントリー (食品庫) と TEL カウンターの造作を提案しました。 間取り変更やキッチンの移設などが伴う大掛かりなリフォームでしたが、予算 450 万円で、築 24 年のマンションが新築マンションにも劣らないくらいキレイに仕上がりました。


弊社は浦安エリアを中心に長年にわたってリフォーム、自然素材の家・注文住宅事業を行っております。

地域のお客様からの信頼を第一とし、また関連会社であり浦安に5店舗を持つ明和地所とも連携しながら、より高いレベルでのお客様のご満足を追求しています。

店舗は新浦安駅から徒歩5分ほどですが、駐車場もございますので、お車でもお気軽にご来店ください。

 

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。