浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

住み慣れた間取りを活かして快適度をUPしました。

  • by 株式会社アールデザイン
  • 4 Years ago

belb

床はカビ、ダニなどが気になりがちなカーペットから無垢フローリングにしました。
表面に植物性のオイルを塗りこむ事で水はじき効果を持たせ汚れもつきにくくなっています。
リビング入口を引き戸にする事で大きなものの出し入れが楽になり解放感も上がりました。

P4277679

今回のリフォームは住み慣れた間取りを変えずに快適性をアップさせることを重点におきました。
こちらのマンションにお住まいの方からよく受ける相談が北側部分の結露、お風呂と洗面所が狭い、リビングを広くしたいけど部屋数を減らしたくない…。などといったお話をよくいただきます。
結露の冠しては、いくつか選択肢がありますが、今回は、インナーサッシとエコカラットを組み合わせました。
インナーサッシは断熱性能もアップさせますのでエアコンの効きも良くなり省エネに貢献できます。

P4277759P4277715

エコカラットは調湿性だけではなく、気になるニオイも抑える事ができますので寝室やクローゼットの中にもお奨めです。

beba

P4277732P4277752

お風呂は隣り合わせのお部屋の壁を20cm動かすことで足を伸ばせる浴槽にすることができました。
入船東エステートの1号棟と8号棟にお住まいの方にはぜひお奨めしたいリフォームですね。
洗濯機は廊下の突当りにあった収納部分に移動して洗面所内をスッキリさせました。
置く場所に困っていたタオル収納棚などが置けるようになって快適度がアップしますね。
和室は使わないから…という方もこういった形で残してあればきっと和室の出番が増えると思います。
背の高い引き戸を間仕切りにして、フローリングと畳の段差をなくす事でリビングとしても使えますね。日本人ならではの畳でリラックスできる感覚を味わってください。

P4277702

P4277780

畳とフローリングの段差を無くす事で普段和室をリビングとして使えるようにしました。
お客様が来たときには間仕切りを閉めて客間としても活用できる実用性のある和室となりました。

bekit2

P4277670

元のキッチンのレイアウトはそのままに、快適性能をアップしました。
ボタン一つで上下する水切り棚、汚れの付きにくいガラストップコンロとレンジフード、大幅に収納力の上がった引き出し収納など新しいキッチンはとても使いやすくなっています。

今回は子育てを終えたご夫婦2人のリフォームでした。
約30年住んできた間取りを大きく変えることなく快適性能をアップする事とご夫婦のライフスタイルを重点に置いたリフォームをする事を心がけました。

Previous «
Next »