浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

ホームインスペクションをご存知でしょうか?

  • by 田中 利幸
  • 6 Years ago

ホームインスペクションと言う言葉をご存知でしょうか?

日本語では「住宅診断」を行う「住宅診断士」と訳すのが適当ですが

基本的にこの仕事は、すでに完成している住宅、またはすでに人が何年も住んでいた住宅について

消費者がその住宅の価値を判断するための情報を提供する物です。

ではどのような場面に依頼を受けるかと言うと、住宅の購入前やご自宅の売り出し前にホームインスペクションを

行う事で、建物のコンディションを把握し、安心して取引を行う事が出来ます。居住中のご自宅について

調べることも有り、不動産仲介業者が物件の状況を明らかにするために利用するケースも増えてきております。

「欠陥住宅ではないか?」

「いつごろ、どこに、いくらくらいのお金がかかるのか?」

「あと何年くらいもつのか?」

img-327194806-0002

「ホームインスペクション」の診断方法は、目視で、屋根、外壁、室内、小屋裏、床下

などの劣化状態を短時間で可能な範囲で診断するのが基本です。

機材を利用する詳細診断も有ります。病院でたとえるなら「健康診断」のレベルといってよいでしょう。

ホームインスペクターは言わば住宅の「かかりつけのお医者さんです」

米国では、州によって異なりますが、取引全体の70%~90%の割合でホームインスペクションが行われ

すでに一般常識となっております。日本でも近年、急速に普及し始めております。

診断項目ごとに調査報告書および写真などを添付して報告を致します。

img-327194806-0001

img-327202723-0003 img-327202723-0004 img-327202723-0001 img-327202723-0002

先日行ったインスペクションのほんの一部の報告書を掲載しましたが、大体30ページ程の報告書になります。

「ホームインスペクション」を利用する事のメリットと致しましては

・住宅に問題がないか、専門家がチェックすることで安心して購入・居住する事が出来る。

・「欠陥住宅」や「買ってはいけない住宅」をつかむリスクを避けられる。

・安心して住むために、いつ頃、どこに、どのくらいのメンテナンス費用が掛かるか見通しをたてられる。

・住宅の修繕箇所、改善点などについて、売り主側にも根拠をもって知らせることが出来る。

・中立な立場で公正な診断を行うことにより、売り主側との関係を損ねることなく対応や

 説明を求める事が出来る。

・住宅の構造、設備など本質的な性能がわかる。

・買主、住まい手の立場から見た報告やアドバイスを受けられる。

・ホームインスペクション報告書を、住宅の資産価値を高めるための「家の履歴書」として残すことが出来る。

等のメリットがございます。

「ホームインスペクション」を行う「ホームインスペクター」は「日本ホームインスペクターズ協会」の規定により

中立性の堅持に努めなければならないので、客観性、信義誠実を旨とし、公正な立場から行動発言

しなければならず、顧客先が、一般消費者、不動産会社、工務店、設計者等いずれであっても第三者性を

堅持しないといけない事になっております。

詳しくは「日本ホームインスペクターズ協会」HPhttps://www.jshi.org/をご覧ください。

Previous «
Next »