入船西エステートのスケルトンリフォーム【第2回】配管工事と断熱工事

入船西エステートのスケルトンリフォーム。

解体が終わり、配管工事と断熱工事を行います。

浴室、トイレ、洗面所に給水管、給湯管、追い焚き管を設置します。

そして、外壁面には断熱材として厚さ30mmのポリスチレンフォームを貼っていきます。

北側の窓回りや玄関ドアの回りにも断熱材を施します。

断熱材を貼る事により結露が軽減されるので、カビに悩まされる事も少なくなります。

昭和56年に分譲された公団のマンションなので、当時はほぼ断熱工事は施しておらず、コンクリートの壁に直にクロスが貼ってありました。
冬の寒さや結露に悩まされている方が多いと思います。
断熱工事をするとお部屋は少し小さくなりますが、今まで以上にお部屋を有効に使え、快適に生活する事ができるようになります。
弊社では、古いマンションをリフォームする際に断熱工事をする事をおすすめしています。

このお部屋は、オープンルームを開催する予定ですので、興味のある方はぜひご来場下さいね。

 

 

関連記事

  1. 行徳ニューハイツのスケルトンリフォーム【第2回】断熱改修工事

  2. エバーグリーン浦安のリノベーション大作戦【第2回】間仕切り壁と置き床工事

  3. 押入れの湿気取りにご用心

  4. 入船西エステートのスケルトンリフォーム【第2回】間柱と配管入れ替え

  5. 千葉市美浜区築43年のマンションのリノベーション大作戦!【第2回】断熱工事が始まりました。

  6. 入船東エステートのリノベーション【vol.4】ルナしっくい、タイル、そして、キッチン!

Instagram