収納を増やすリフォームをしてみては?

思いきって収納を増やすリフォームをしてみてはいかがでしょうか?

収納を上手に使うには、いらないモノは捨てるという決断も必要です。 それでも、やっぱりなかなか捨てられないものもありますね。 だからといって、新たに棚や収納家具を設置すると、その分だけ部屋が狭くなってしまいます。 そんな収納の悩みは、収納リフォームで片付けることができます。


[su_dropcap size=”2″]1[/su_dropcap]折り戸? 引き戸?

折り戸は戸を全開にできとても便利ですが、お部屋の形状やクローゼットの高さなどによって、引き戸の方が使い勝手が良い場合もあります。
IMG_5162


[su_dropcap size=”2″]2[/su_dropcap] 床下収納の設置

イメージ01床下収納とは、床板と基礎の間の空間を利用した収納スペースのことです。 ひな人形や鯉のぼりなど年に 1 度しか使わないもの、どうしても捨てられないものなど、住まいの中には日常、あまり使わないものが意外と多いものです。 日常的に使うものではないだけに、普段使っている収納に保管すると、ときどき邪魔になったりすることもあります。 そんなお宅は、床下収納を設置してみてはいかがでしょうか? 床下収納は、一般的にキッチンや洗面室などに設置されることが多いのですが、最近では和室の床を上げて、畳の床下部分を収納スペースとして利用するお宅も増えています。 電動で昇降するタイプなら、お年寄りや身体の不自由な方でも安心してご利用できます。 床下を有効に活用することで、住まいを開放的な空間に変身させることができるはずです。

 

 


[su_dropcap size=”2″]3[/su_dropcap]その他収納リフォーム

PC048828

image_0060_9  image_0060_8

家には、建物の構造上いくつかのデッドスペースがあります。 例えば、屋根裏を収納スペースとして利用できるように改造するなど、デッドスペースをうまく利用して収納スペースを造れば、部屋を狭くすることなく収納スペースを確保することができます。 アールデザインでは、こういったデッドスペースを使ったリフォームの他にも、押入れをクローゼットに変更するなどといった、収納自体の利用目的を変更するリフォームも承っております。 お客様の家の収納の状況や、家の構造などを考慮しながら、お客様に最も適した収納リフォームをご提案させていただきます。 収納でお困りの方は、ぜひご相談ください。


 

弊社は浦安エリアを中心に長年にわたってリフォーム、自然素材の家・注文住宅事業を行っております。

地域のお客様からの信頼を第一とし、また関連会社であり浦安に5店舗を持つ明和地所とも連携しながら、より高いレベルでのお客様のご満足を追求しています。

店舗は新浦安駅から徒歩5分ほどですが、駐車場もございますので、お車でもお気軽にご来店ください。

関連記事

  1. 家を建てるための土地さがしの基本 その1(容積率)

  2. 間接照明で高級感のある癒しの空間に・・・。

  3. 押入れの湿気取りにご用心

  4. 60代からの快適リフォーム ★7つのポイント★

  5. 「息苦しい」はウソ!建物は高気密にすべし。

  6. アールデザイン現場めぐり~富岡編~

Instagram