壁に絵や写真を飾りたい! 自分で出来る下地チェックの仕方教えます!

壁に絵や写真を掛けたい!

こんな時、皆さんはどうされていますか?

一般的な住宅の壁は下地を組んで、その上に石膏ボードを貼り、クロスが貼ってあります。
押しピンを挿すと白い粉が出てきたりしますが、これが石膏です。
この石膏にビスを止めても下地が無ければスカスカで落っこちてしまいます。

そんな時、壁の下地を簡単にチェックできる便利グッズがホームセンターで売っています。

083

下地探し専用工具といい、数種類あります。

先端に針が付いている工具なのですが、これを壁に当てて押しこむと、下地が無い場合は「ブスッ」と奥まで針が刺さってしまいます。(ボードの奥が空間になっているので)
ところが、下地がある場合は、針が下地で止まります。(ボードの厚み分だけ針がささる)

住宅の下地は、だいたい30cm間隔か45cm間隔の事が多いので、そこを狙って刺してみると良いでしょう。
ちなみに上の写真の工具は、先端に強力マグネットが付いていて、最近のマンションの軽天(鉄の下地)なら壁に当てるだけでピタッとくっつくので、針の穴が空く事もありません。

050

ちなみに木下地はこんな感じに組まれています。

008

そして、鉄の下地はこんな感じです。
ボードの上からこの下地を狙ってビスを打って下さいね。

さあ、下地探し専用工具で下地の位置がわかったら、ビスを取り付けて好きな絵や時計を飾ってみましょう。

最後にピクチャーレールをご紹介します。
ピクチャーレールは、大きな絵を飾ったり、複数の写真や賞状等をスマートに飾るのに適しています。
長さが調節できる専用ハンガー(ワイヤー)を利用すると大変便利です。

081

088

ピクチャーレールの取り付けはアールデザインにご相談下さいね。

TOSOカーテンレールWEBカタログ(1番最後にピクチャーレールが載っています。)

http://www.toso.co.jp/products/c_rail/cr_itiran/index.html

関連記事

  1. 機能性☓デザイン性☓オリジナリティ=オーダーメイドの造作家具

  2. スポーツクラブ至近のマンションリフォーム7/14

  3. 【LIXIL】テレワークのリフォーム

  4. クロスって色々あるけど、どう違うの?vol.1

  5. システムキッチンのお話 vol.2

  6. 【施工事例】キッチンを生活の中心にしたら、家族の動線がスッキリ!!

Instagram