浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

自然の力を活用して、エコ+機能的な家

  • by 今泉 太爾
  • 3 Years ago

今回の住宅のポイントは「ライフスタイル対応」「自然の力を活用」の融合。

家の中心には吹抜け、2階階段ホールには書斎・勉強スペース。吹き抜けと一体となっているため、勉強に集中していても上下で気配を感じとりながら個室に篭らず勉強できます。
そして冒険心をくすぐる小屋裏空間など、今後のライフスタイルの変化によっても対応可能の余力を残した設計です。

南側に設けた吹き抜けには夏冬ともに快適に暮らす工夫があります。夏場は窓を開けることで、温度差による上下の通風が起こり天窓から排熱されます。冬場は天窓・南窓からの日射を取得することで上下で暖かい空気をつくりだします。これを可能にしているのが躯体の性能の強化。普通の日本の家では吹き抜けは夏暑く冬寒いという状況になりますが、それを解消するために床暖房を入れることが多いでしょう。
しかしこちらの家は、設備に頼らない低燃費的設計手法・壁や窓の高断熱化を図ることで快適な空間を作り出しています。

image_0083_11

image_0083_12

image_0083_13

image_0083_14

image_0083_1

image_0083_2

image_0083_3

image_0083_4

image_0083_5

image_0083_6

image_0083_7

image_0083_8

image_0083_9

image_0083_10

 

image_0083_15

image_0083_16

image_0083_17

 

お施主様とはご相談をいただいてからお引渡しまで約1 年お手伝いさせていただきました。そのためお引渡し時には少し寂しい思いもありました。新しい生活をぜひこの家で過ごしてください。

Previous «
Next »

株式会社アールデザイン代表取締役。株式会社明和地所代表取締役。日本エネルギーパス協会代表理事。不動産仲介業を行う中で、築年数で価値が決まってしまう日本の建物評価制度に疑問を持ち、世界基準のサスティナブル建築・省エネ住宅をつくるために、2011年から「低燃費住宅」を全国展開。国土交通省不動産市場流通活性化フォーラム委員、住宅のエネルギー性能の表示のあり方に関する研究会委員を歴任。現在長野県環境審議会地球温暖化対策専門委員を務める。