浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

入船中央エステート(メゾネットタイプ)のスケルトンリフォーム【第6回】ただいま置き床施工中!

  • by 株式会社アールデザイン
  • 3 Years ago

006

現在工事中の入船中央エステート。
置き床工事が進んでいます。
このタイプは、天井高や梁下が低いのでコンクリートスラブ直に遮音フローリングを貼ることが多いのですが、あまりにも、スラブが凸凹だったため置き床を設置する事にしました。

003

置き床とは、上の写真のようなゴムの脚の上にパーチクルボードを乗せる床のことで、二重床とも言います。
脚の長さはいろいろあり、このタイプで61mm~76mmの高さに設定できるので、最長15mm調整できる事になります。
このゴムの脚が衝撃音を吸収できるので、マンションの規約の遮音LL-45はクリアできます。

001

この写真は階段の1番上の段です。
際だけは根太組みですが、他の部分は450mmピッチに脚が入っています。

007

洗面所の床スラブにクラックが入っていたので、念のために防水を施す事にしました。
配管の接続部分が腐食しないように念には念をいれています。

016

ここは玄関入ってすぐ右側のお部屋です。
フローリングも納品されました。

014

ここは、ダイニングキッチンとトイレです。
右側の窓下の収納を撤去して、床を貼ります。
そして、ロータイプのキッチン収納をはめ込みます。

012

だんだんイメージが沸いて来ました。
出来上がりが楽しみですね、

Previous «
Next »