「換気と健康の関係」みなさんは、体に良い活動を何かしていますか?

現在アールデザインでは注文住宅の受注・建築・設計や耐震工事等は行っておりません。
注文住宅については、ウェルネストホーム公式サイト までお問い合わせください。

みなさんは、体に良い活動を何かしていますか?と聞かれたら、どのような活動を想像しますか?

  • 適度な運動を心掛ける
  • 食事に気を遣う
  • 飲み物に気を遣う
  • 適度な睡眠を心掛ける

大体の方は上記のような、運動、飲食、睡眠などを思い浮かべるのではないでしょうか?
いずれも重要な要素ですので、健康で快適な生活には欠かせない要素と言えますね。

 

ところが、こういった質問を投げかけてもほとんど出てきませんが、非常に重要な要素があります。

 

それは、「吸う空気に気を遣う」という項目です。

 

「空気のような存在=いるのが当たり前の存在」という言葉があるように、当たり前すぎて見過ごされがちなのが「空気の質」ではないでしょうか?
皆さんは「ご自宅の空気質」、ちゃんと意識してますか?

 

人生で最も摂取しているのは「食べ物」でも、「飲み物」でもなく、「空気」である。

 

一般的に、人は1日に食べ物1.4kg・飲み物を約1.2kg摂取しています。

一方、呼吸する空気の量は、驚きの約18.5㎏!飲食物の10倍以上の量を呼吸で体内に取り込んでいます。
特に自宅で摂取する空気量が大多数を占めており、容積・重量ともに人体に与える影響が最も大きいのが「自宅の空気」でした。

 

普段から健康に気を使う人は、食べ物の産地や鮮度、さらには食品添加物、残留農薬などを避けて、食品や飲料を選ンでいると思います。
ところが、体に取り込む量が圧倒的に多い空気については、まさに「当たり前の存在」として、気にかけるのを忘れてませんか?

 

例えば、食べ物や飲み物は数日食べなくても生きていけますが、空気が無いとほんの数分も耐えられませんよね。
そう考えると、人間の生命に直結した空気、特に摂取量が最も多い「自宅の空気質」にこだわる必要はありそうだとは思いませんか?

 

室内の空気は外気より汚い?

 

残念なことに大抵の場合で、室内の空気というものは外気よりも汚れていることを、皆様はご存知でしょうか?

 

例えば、人間は「呼吸」によって、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出します。
また、キッチンで料理をするときにも、水蒸気やにおい成分、PM2.5などの主成分となる燃えカスなどが大量に発生します。
もしこういった空気の汚れがすべて室内に溜まってしまうとしたら、わずか数時間で空気の質は非常に悪くなってしまいます。

 

PM2.5の健康被害についてはこちらをご覧ください「PM2.5(大気汚染)対策!住宅で健康被害を予防する3大原則とは?

 

そのため、生活に伴って発生する様々な空気の汚れは「換気」によって排出し、外部から新鮮な空気を室内の取り入れる必要があります。

トイレやキッチン、お風呂などに必ず換気扇がついているのは特に汚染物質の発生が多い場所だからなのですね。このように「換気」は良質な住生活にとって、欠くことのできない大切な住宅性能です。

 

健康な生活を送るためにも、自宅の換気については、しっかりと考えておくことをお勧めいたします。

 

換気についてさらに詳しくはこちら↓

<<換気扇のメリット・デメリットを知ってシックハウス対策を>>

 

関連記事

  1. 太陽の恵みを余すことなく -日射の活用について2-

  2. クリナップ市川ショールームに行って来ました!

  3. 雨の日の部屋干しに便利なホスクリーン

  4. 比べてみよう!どっちがお得? シャワーですませる? VS お湯を張る?

  5. シバグリのフローリング

  6. 2018年1月5日大安、仕事始めです!

Instagram