マンション断熱工事

リフォームの佐藤です。

現在入船西エステートO様邸にて断熱改修工事を施工しております。
リフォーム後は見えなくなってしまうところでもあるので、どんな工事をしているか一例ですがご紹介したいと思います。

まず、O様邸は1階ということもあり、特に冬場は床下からの冷気がかなりこたえるとのことで、床断熱と北側の居室のの結露と冷えを解消したいとのことでした。

上の写真は床解体後の状況です。

床下はコンクリートが打っておらず、直接外気も入り込みますので、冬場は本当に寒さにこたえるのがわかります。

昔の公団系の構造ならではの大引きがみえます。3寸×7寸もあり云わば梁のようですね。

そこに新規に根太を組み(@303)その間に断熱材をはめていきます。

職人さんのがんばりで、50?の施工も1日で終わりました。

断熱材の厚みは8cmのもを使用しました。

最近冷え込み出してきましたが、断熱材を敷き詰め、一晩過ごしていただきまいたが寒さが全然違うとO様も実感されておりました。効果覿面ですね。

今回はここまでとなります。次回は、その後の施工方法と壁断熱もご紹介します。

関連記事

  1. 天然木の魅力

  2. 海風の街スケルトンリフォーム【第5回】床暖房~フローリング貼り

  3. WELLNEST HOME 構造見学会開催

  4. 入船中央エステートメゾネット1、2階タイプのスケルトンリフォーム【第3回】防蟻工事と左官工事

  5. 【施工事例】グレイッシュカラーが落ち着けるお部屋 富岡エステート

  6. 冬でも暖房がいらない自然素材にこだわったお部屋・・・入船西エステート編

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Instagram