浦安市を中心にリフォーム・リノベーション・快適で長持ちする新築住宅をご提案いたします

階段で変わる、住まいの安全性と快適性。

  • by アールデザイン
  • 5 Years ago

ちょっとした工夫で、住まいの安全性と快適性がアップします。

転落事故の発生件数が決して少なくなく、小さなお子様や高齢者の方がいらっしゃる家では特に気をつけたいのが階段です。 家が老朽化するのと同じように、階段も年月が経てば老朽化が進み、すべりやすくなったり、歩く時にきしんだりします。

pickup_kaidan


[su_dropcap size=”2″ ]1[/su_dropcap]滑り止めの設置

長年使い続けているような階段は、一般の方でも気をつけないと事故を起こす可能性がありますので、小さなお子様やお年寄りのいらっしゃる家の場合などは特に、滑り止めのついたノンスリップ材を取付けることをお勧めします。 既存の階段の上から貼り付けるだけなので、1 ~ 2 日で施工は終了します。 また、機能と同時に見た目もコーディネートできるよう、複数のカラーパターンをご用意しています。


[su_dropcap size=”2″ ]2[/su_dropcap]手すりの取り付け

お年寄りや体の不自由な方のいらっしゃる家の階段には、転落事故防止のために、滑り止め設置と同時に手すりの取付けを行うことをお勧めします。 手に馴染む木製の手すりを、使用者に最も合った高さに合わせて設置いたします。 事故を防ぐためには、階段の両側に手すりを設置するのが理想的です。 狭くなってしまうなど、どうしても片側にしかつけられない場合は、降りるときの利き手側に設置しましょう。 これは上がるときより、下りるときに転落してしまう事故が多いことによります。 また、壁に下地がなく、そのままでは設置できない場合でも、力板などで補強して取り付けいたしますのでご安心ください。


[su_dropcap size=”2″ ]3[/su_dropcap]足元灯の取付け

足元灯とは、階段や廊下の低い位置に取り付ける、足元専用の照明です。 高齢者の方が夜中にトイレへ行く時など、足元の段差がしっかりと見えるように、自動で点灯・消灯する足元灯を設けておくと便利です。 階段で天井からの照明だけの場合、自分の体で踏み面が影になって見えづらくなるため、夜間は大変危険です。 そのため、夜間の転落防止には、壁照明か足元灯をつけることが最も有効です。

弊社は浦安エリアを中心に長年にわたってリフォーム、自然素材の家・注文住宅事業を行っております。

地域のお客様からの信頼を第一とし、また関連会社であり浦安に5店舗を持つ明和地所とも連携しながら、より高いレベルでのお客様のご満足を追求しています。

店舗は新浦安駅から徒歩5分ほどですが、駐車場もございますので、お車でもお気軽にご来店ください。

Previous «
Next »