見明川団地スケルトンリフォーム【第1回】解体始まりました!

築40年のテラスハウス、見明川団地のスケルトンリフォーム、工事が始まりました。

このキッチンは分譲当初のものなので御年40歳!
タカラのステッカーが貼ってありました。
キッチンの歴史を感じますね。

洗面台や便器も黄色い陶器です。
40年前は斬新だったのではないでしょうか?

ユニットバスも画期的だったと思われます。

写真を撮っている間にどんどん解体作業が進んでいきます。

和室の畳の下には木毛セメント板が敷いてあり、これも残らず撤去します。

木毛セメント板とは、リボン状に細長く木を削り出した木材をセメントペーストで圧縮成型した建材です。

壁はクロスではなく化粧ベニヤです。
これも40年前はかなりお洒落だったそうです。

床は無垢材を貼ってありました。

今となっては貴重な庭付きのテラスハウス。
公団住宅の歴史を感じながら解体に立ち会う事が出来ました。
これからどんな風に仕上がっていくのか楽しみです。

関連記事

  1. 見明川団地リノベーション大作戦【その3】ただいま解体中!

  2. 入船東エステート5号棟スケルトンリフォーム【第3回】断熱工事と置き床工事

  3. 見明川団地リノベーション大作戦【その9】フローリング貼り終わりました。

  4. 千葉市緑区マンションのスケルトンリフォーム【第2回】解体が終わりました。

  5. 入船東エステートのリノベーション【vol.2】解体が終わったら・・・

  6. サンコーポ浦安スケルトンリフォーム【第4回】クロス、そして、畳が入り、完成しました。

Instagram