お掃除楽々! ユニットバスの排水口がここまで進化しました。

汚れやすく、お掃除が面倒な排水口。
ほうっておくとカビやヌメリ、臭いも気になります。
でも、最近の排水口はお手入れがとっても簡単。
毎日のお掃除が楽になりました。

default_throw_pic_01
(写真提供/LIXIL)

最近のユニットバスの排水口は、ヘアキャッチャー(目皿)や排水トラップに掃除のしやすくなる様々な工夫がされています。
たとえばヘアキャッチャーは、洗い場からの排水や浴槽の残り湯を流す時に排水溝内に発生する渦の力を利用して、髪の毛やゴミが残らないように工夫されています。

default_throw_pic_02
(写真提供/LIXIL)

ヘアキャッチャーにたまった髪の毛やゴミを素手でつまんで取るのにはちょっと抵抗がありますね。
最新のヘアキャッチャーは、髪の毛がからまりにくく、張り付きにくい構造になっています。
また、着脱も簡単なので、取っ手をつまんでひっくり返すだけで手軽にゴミを捨てられます。

yjimageIK4J1W80
(写真提供/TOTO)

従来のヘアキャッチャーや排水トラップは、形が複雑で汚れがたまりやすいのが難点でした。
凹凸や段差を減らしてシンプルな形に改良された新型のヘアキャッチャーなら、お掃除もサッとひと拭きですみます。

img01
(写真提供/クリナップ)

臭いやヌメリが発生しにくい加工が施された商品も登場しています。
1番汚れやすい場所だからこそ、簡単にお掃除できると嬉しいですね。

 

関連記事

  1. グリーンカーテンで夏の日差しを遮ってエコな生活をしてみませんか?

  2. リフォーム中の仮住まいはどうする?

  3. 宅配問題に私達が出来る事。便利な宅配ボックスを検討してみませんか?

  4. 汗ばむ季節こそ素足に気持ち良い無垢フローリングの魅力を実感!

  5. 富岡の家 週末見学会再開のお知らせ

  6. 60代からの快適リフォーム ★7つのポイント★

Instagram