気密とセルロース

現在アールデザインでは注文住宅の受注・建築・設計や耐震工事等は行っておりません。
注文住宅については、ウェルネストホーム公式サイト までお問い合わせください。

こんにちは!
新築部の城戸です。


都内の低燃費住宅現場では、セルロース工事に差し掛かろうとしています。
今日はセルロースを吹き込むためのシートを貼っているところ。
セルロースファイバーは新聞紙を粉にした断熱材で、防音・防虫・防火・調湿効果もある優れものです。

低燃費住宅では標準仕様なので、施工も慣れたものです。

そして、床では気密の処理も進んでいます。
隙間をなくすことで「漏気」をなくし、計画的な「換気」を行うためです。
「漏気」と「換気」は同じ空気の出入りですが、全く違います。
こうした細かい処理が家の性能に直結していくんですね!

関連記事

  1. 欠真間、大工完了

  2. 快晴!地鎮祭@船橋

  3. あけましておめでとうございます

  4. 佐倉の低燃費住宅構造見学会にご来場ありがとうございました。

  5. エネルギーパスって何がわかるの ?エネパスの役割?

  6. サーファーズ低燃費の基礎工事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Instagram